女性の写真の真贋を見極める方法

出会い系サイトを使っていると、女性のプロフィール写真などを目にする機会が多くあります。
その写真に写っているのがキレイだったり可愛かったりすると、よりセフレ作りに気合が入りますが、注意すべき点もあります。
それは、「本人なのか」ということです。
実は、他人の写真を使っていることも少なくないのです。
騙されないためには、以下のチェックポイントを押さえておく必要があります。
一つ目は、「素人が撮った物ではない」
アングルや加工の痕跡などを見て、明らかにプロが撮ったと思われる場合は、怪しいといえます。
二つ目は、「画質が粗い」
最近の携帯で撮った物は画質がよいので、もし画質が粗い場合は、本人だとしても、かなり古い写真かもしれません。
三つ目は、「露出が高い」
やたらと露出が高い写真を使っている女性は、援交目的の場合が多々あります。
関係を持てたとしても、後でお金をせびられかねません。
四つ目は、「キレイすぎる、もしくは可愛すぎる」
出会い系サイトを利用している女性の中には、確かにキレイな女性や可愛い女性も多いですが、レベルが高すぎる場合は、サクラもしくは業者の可能性があります。
これらのポイントに引っ掛かった場合、以下のような対応が考えられます。
一つ目は、「複数の写真を要求する」
いろいろな角度で撮った物を送ってもらうことで、今執ったのかどうか判断しやすくなります。
二つ目は、「画像検索を行う」
Google画像検索などを使えば、ネット上から拾って来た物かどうかが分かります。

手軽にセフレをゲットするには

昨今の世の中では、インターネットが普及した事により、一昔前よりも男女間の出会いの場が簡単に求められるようになりました。
今回は、手軽にセフレをゲットするコツについて書いていきます。
「合コン」、「ナンパ」、「出会い系サイト」、「風俗」、「キャバクラ」など、セフレを作れる場やシチュエーションはいろいろとあり、どの方法でもうまく立ち回ればセフレは作る事ができます。
この中で唯一誰でも気軽に実践できるのが「出会い系サイト」です。
「出会い系サイト」でのやりとりは、基本的にメールで顔はほとんど見えません。
名前も本名ではなく、ニックネームが使えます。
リアルの出会いで重要になるコミュニケーション能力や見た目の優劣が関係なくなり、見た目やコミュニケーション能力に自信がない人でも、イケメンやコミュニケーション能力が高い人達と同じ土俵で戦える様になります。
女性を口説く度胸もあまり必要がなく、顔が見えないからこそ強気で行けます。
必要なのは、メールを送る少しの勇気だけなのです。
出会い系サイトに登録し、プロフィールを完成させたら、セフレにしやすい女性を探してアプローチをかけます。
セフレにしやすい女性の特徴としては下の7点をプロフィールに記載している女性です。

  • 彼氏と別れたばかりで寂しい
  • 1人暮らしをしている
  • 最近誰とも会っていない
  • セックスレスの人妻
  • 自分アピール、持ち物アピール
  • いつも病んでいる
  • 主語が「俺・僕・オイラ」

こういった女性達を沢山探し出し、アプローチをかけていけば、わりとセフレ関係まで簡単に辿り着きます。
また、登録したばかりの新人女性も競争率は高いですが、釣りやすいのでおすすめです。

内気な私が出会い系サイトでセフレを作れました!

私は真面目に生きてきて、女性関係も長年付き合っている彼女のみ。
結婚も考えていますが、このまま真面目な生き方だけをして終わってもいいものなのか、と日々考えていました。
しかし、ナンパをして遊ぶという技量も度胸もありません。
何より喋るのが苦手なので、遊ぶことが苦手だったのです。
しかし、インターネットの出会い系サイトでセフレを作れる!という記事を読んで、結婚する前に一度遊んでみるか!と思い出会い系サイトに登録しました。
サイトには、セフレ募集に特化したサイトもあるので、友達から徐々に、といった煩わしさもなく、すぐに目的に合った女の子を探すことができました。
メッセージでやりとりをするので、本やサイトなどを参考に、女の子に好印象を持ってもらうための文章を自分のペースで考えて作ることができたおかげか、初めて1週間で女の子と会うことができました。
出会った女の子は23歳のショップ店員のちょっとギャル系の子。
普段内気な私が仲良くなったりするような子ではなかったので緊張しましたが、お互い体の目的だと割り切っていたのと、メッセージのやりとりで多少仲良くなれていたので、実にスムーズに流れを進めることができました。
ベッドインでは、激しく騎乗位で腰をくねらせてくるなど、普段付き合っている真面目な彼女では到底味わえない濃厚でエロすぎるプレイで、普段は1日1回しかしない私も、3回も果ててしまいました。
結婚後はセフレはどうかな?と思っていますが、とりあえず結婚までは出会い系サイトを使っていろんな子とやりまくろうと思っています。

セフレは男から人気のない女を選ぶことが大切

出会系でセフレを探すのは大変な手間がかかります。
しかし、出会えないわけではありませんから、粘り強く続けることが大切ですが、セフレを求める時に重要なことがひとつあります。
それは贅沢を言わない!ということです。
どうせ出会うなら自分の好きなタイプが良い、年齢にもこだわりがある、なんて言ってはいけません。
セフレは「やるだけの女」と割り切るべきなのです。
そういう男からのニーズが低いところを攻めることによって出会系でもセフレをゲットする確率が高くなります。
デブでもオッケイ、50の年増でもオッケイという割り切りが大切です。
その覚悟さえできれば、セフレは意外に早く見つかります。
それを繰り返せば複数のセフレと付き合い事ができます。
素人の女が無料でやらせてくれるのです。
人妻がやらせてくれるのです。
それだけで十分です。
これを続けながらそれとは別に好みのタイプを探します。
すると、1年にひとりくらいは何とかなるものです。
もちろんウエイトはブスや年増に置いておきます。
複数のセフレと付き合っていると変化もありますし、それなりの良さに気付くこともあります。
私のセフレのひとりに50代の半ばの人妻がいますが、体の反応や声などの出しか方が淫乱でとても興奮します。
ご奉仕もしてくれますし、奥ゆかしくて可愛いのです。
これは若い人妻には無い大きなメリットです。
色々なセックスのパターンも楽しめますし、セフレ不在期間も無くなります。
出会い系で遊ぶなら複数のニーズの低いセフレを求めることで充実した性生活をおくれます。

出会い系サイトで写メ交換を求められた時は

出会い系サイトに登録する際は、基本的にプロフィール写真を載せておいたほうがグッドです。
しかし、中には載せたくないという人もいるでしょう。
そういう人が、写メ交換を求められた時は、どうすればよいのでしょうか。
基本的には、写真を見せたほうが会える可能性が上がります。
運がよければ、そのままセフレにすることもできます。
ただし、これはイケメンに限ります。
顔に自信がなければ、断ったほうがよいでしょう。
写メ交換の直前までは盛り上がっていたのに、交換した直後に音信不通になるおそれがあります。
ただし、上手に盛った写真、いわゆる「詐欺写メ」があるなら、それを送るのも手です。
少なくとも、雰囲気イケメンくらいには見せることができます。
とはいえ、相手も盛っていることに気付いているケースもたまにあり、普通に撮った写真を求められる場合もあります。
その場合は、送らないほうがよいでしょう。
どうしてもという場合は、きつめにぼかしをかけた写真にしておきましょう。
いちばんやってはいけないのは、他人の写真を送ることです。
相手と会えたとしても、顔が違う時点で不信感を抱かれてしまいますし、最悪訴えられることすらあります。
とはいえ、写メ交換を断るにしても、上手くかわすことができれば、まだチャンスはあります。
「自撮りは苦手だから」「しばらく散髪に行っていないから、送れる写真がない」というふうに切り抜けたり、「写メ交換せずに会うのも面白くない?」というふうに持って行くのも手です。